当院には、駐車場は1台分しかありませんので、開いている場合はお使い下さい。

一杯の場合は近隣の駐車場をご利用下さい。

お問い合わせ
アイチエイジング診療
メディカルフットケア

医院概要

医院名
医療法人財団 佐々木会
深江形成整形外科医院
住所
〒600-8441
京都府京都市下京区新町通四条下ル四条町348
電話番号
075-351-3245(代)
コウメソッドおすすめ本
NGO日本医療開発機構
Q&A

よくある質問

Q1 幼い頃に傷つけたケガの跡、もしくは水疱瘡の跡があるのですが、レーザー治療でキレイになりますか?

Q2 ダイエットに失敗ばかりしています。脂肪吸引以外に、痩せる方法はありますか?

Q3 太りやすい体質を変えることはできるでしょうか?

Q4 街中でよく見かける「エステテイックサロン」と「メデイカルエステ」とはどのように違うのでしょうか?
また費用などの面でも違いますか?

Q5 顔のシミを、レーザーで除去したいのですが、1回で除去できますか?また、レーザーをしてすぐにお化粧や入浴はできますか?

Q6 美容手術をしたいのですが、麻酔をする必要がある、と言われました。局所麻酔全身麻酔などがあるそうですが、
拒否反応、後遺障害などないでしょうか?

Q7 美容手術をしたいのですが、年齢は何歳ごろが適当なのでしょうか?

Q8 若過ぎると、自己回復の力が低下する、とも聞いたのですが、そうなのでしょうか?

Q9 「メデイカルコスメ」に興味があります。市販されている化粧品よりも、優位な点はありますか?

Q10 美容手術をしたいのですが、費用が多額なこともあり、躊躇しています。

Q11 若さを保つために、アンチエイジングの方法に興味があります。どんな方法があるのか教えてください。


Q. 幼い頃に傷つけたケガの跡、もしくは水庖瘡の跡があるのですが、レーザー治療でキレイになりますか?

A.
浅い傷は、レーザー治療で目立たなくすることができます。しかし、深い傷は、手術で切除して正常な皮膚同士を縫い合わせる必要があります。
治療は1回か、多くても2~3回です。費用は保険が効く場合もあります。自費診療の場合は、大きさにもよりますが、数万円になるでしょう。

Q. ダイエットに失敗ばかりしています。脂肪吸引以外に、痩せる方法はありますか?

A.
漢方薬または、ダイエット薬を用いて痩せさせます。
医師の管理の元に処方しますので、安全にしかも確実な効果が得られることと思います。
又、部分痩せにはメソセラピーが有効です。 

Q. 太りやすい体質を変えることはできるでしょうか?

A.
太りやすい体質改善は、全身の運動・医師の指導下によるダイエットで可能です。

Q. 街中でよく見かける「エステテイックサロン」と「メデイカルエステ」とはどのように違うのでしょうか?       また費用などの面でも違いますか?

A.
「エステテイックサロン」は、その名の通り、エステですので、医療ではありません。
使用できるものも、化粧品の範疇を超えるものを使うことは、許されていません。
例えば、「ヒトプラセンタ」を扱えるのは、医師が常駐している医療機関のみであってエステテイックサロンでは、ブタなどの動物を使用しているものと考えられます。
「メデイカルエステ」は、医師がその施術に関わっているエステです。
つまり、医療用の薬剤を使って、本当に効果の出る方法で行っています。費用面でもメデイカルエステは、エステテイックサロンのように、広告に費用を割いていませんので総じて割安です。 

Q. 顔のシミを、レーザーで除去したいのですが、1回で除去できますか?また、レーザーをしてすぐにお化粧や入浴はできますか?

A.
顔のシミは1回、多くても2~3回で除去します。
レーザーをして直ぐに化粧、シャワーなどを浴びることができますが、レーザー部位には絆創膏が貼ってありますので、その上からとなります。
シミに関しては、治療も大切ですが、レーザー後の治療のほうが大切になります。 

Q. 美容手術をしたいのですが、麻酔をする必要がある、と言われました。局所麻酔全身麻酔などがあるそうですが、拒否反応、後遺障害などないでしょうか?

A.
手術を受ける場合、局所麻酔はそれほど心配する必要はありませんが、全身麻酔を受ける場合には、麻酔の正規の訓練を受けた医師による麻酔を受けていただきたいものです。
そうすれば、トラブルの心配もないでしょう。

Q. 美容手術をしたいのですが、年齢は何歳ごろが適当なのでしょうか?

A.
10代、20代の頃は、にきび等のメデイカルエステ、二重、隆鼻などの手術が主体となるでしょう。
30代、40代になると、シミ、シワが段々と気になってきますので、シミ、シワのメデイカルエステ、アンチエイジング、フェイスリフトが主体となります。

Q. 若過ぎると、自己回復の力が低下する、とも聞いたのですが、そうなのでしょうか?

A.
若過ぎて自己免疫力が低下する、ということはありませんが、思春期、成長期の手術はじっくり考えてください

Q. 「メデイカルコスメ」に興味があります。市販されている化粧品よりも、優位な点はありますか?

A.
市販されている化粧品は、あくまで化粧品ですので、効力が抑えられています。
「メデイカルコスメ」は、医療用に使われているものを、コスメとして調合してありますので効力は強くなります。
ただし、肌のトラブルを起こす人がいますので、必ず医師の管理の下で使用するようにしてください。

Q. 美容手術をしたいのですが、費用が多額なこともあり、躊躇しています。

A.
VISA、DC、Masterカードでのお支払いが可能です。
(カード支払いは美容・自費分のみ可能です。)

Q. 若さを保つために、アンチエイジングの方法に興味があります。どんな方法があるのか教えてください。

A.
アンチエイジングは、老化ではなくて加齢と定義されます。加齢変化が、中高年層に外見的な構造及び機能の衰えとして現れるのが老化です。
アンチエイジング療法は、この老化や生活習慣病さらにガンの予防をする療法です。


  >>詳しくはアンチエイジングサイトへ